勇者敬三の冒険の書

1カ月間のヒトヨシ片付け支援をして

2020/08/04

「応援」と「支援」似てるけど違いは何でしょう?

 

勇者けいぞうが4月のLV1メンバーミーティングで最初の方にこの話題をしました!

 

私も考えたことなく初っ端からメダパニ(混乱)したのを覚えてます!

以下weclio辞書引用

 

応援

① 他人の手助けをすること。また、その人。 「友人の-を仰ぐ」 「地元候補を-する」
② (競技試合などで)歌を歌ったり声をかけたりして味方チーム選手を元気づけること。 「母校チームを-する」 「 -合戦」 → 支援補説

支援

他人支えたすけること。援助後援。 「友人事業を-する」 「 -の手さしのべる」 〔類義の語に「応援」があるが、「応援」は人やチームを元気づけて精神的助ける意を表す。それに対して「支援」は労力金銭などの面で、その活動事業助ける意を表す〕

 

ほーほー

 

応援と支援の違いは、労力や金銭などの面で、その活動や事業を助ける意を表す。

と記載されています!

応援は頑張れーと言って励ますだけ、支援は何かしらモノやサービスを提供して応援するそういった解釈をすればいいですね!

 

私たちの場合は労力で手助けをしたので支援です!

 

もう一つ勇者けいぞうが唱えたことを私も覚えています!

 

支援をするからには、その支援を受けた方が

自立をする支援をしなければならない!

 

これはとても深く胸に刻み込んだ言葉です!

 

今回の場合、被災された夫婦の所へ

片付け支援に行きました!

最初の方は家の中はぐちゃぐちゃ、足元もおぼつかず若い私たちでも

重い家財をもって外に出すのがやっと!

 

次の日も筋肉痛でしんどかったです!

私たちは肉体的だけですけど、お二人は大事な家がこんな姿になって

精神的に肉体的にもっとしんどかったはずです!

 

被災した後の情報などもSNSは使いこなせないので私たちが共有してそれを聞いて行動をされていました!

ボランティアセンター開設しましたよー

などですね!

 

情報を与えたらすぐ行動するのがとても印象的でした!

ボランティアセンターにも開設したその日のうちに連絡をして

救いの手を求めて

しっかりと自分たちが困っている姿を見せてくれました!

 

私たちもその姿を見ると、何かしらしてあげないと

明日も少しでも支援をしてあげないと!

という活力になりました!

 

この方達が

うちは大丈夫だから!

 

困っているけど強がって困っていないふりをしたら

 

私たちも支援はできませんでした!

恥ずかしいかもしれないけど、困った姿を私たちに見せていただき

本当ありがとうございました!

 

この夫婦の方は、7月の後半になってくると

私たちが情報を与えなくても

自ら情報を取って動いていました!

罹災証明書の発行など

「今日伝えないといけないなー」

と私たちが思っているとその日、すでに自分で申請しに向かっておられました!

これは推測ですけど、自分で市役所の掲示板を見て

 

与えられるのではなく自ら情報を取りに行っておられたのだと思います。

 

こちらもとても嬉しくなりました!

しっかりと自立する覚悟をもって最後は

 

 

お世話になりました!

明日からは仕事に専念してください!

 

とても嬉しい言葉をいただいて卒業式をしてきました!

 

片づけ支援も経営改善支援との共通点が多く

ヒトヨシ拠点メンバーも苦しいこともあったけどすごく学びが多い1カ月でした!

 

「ReHugヒトヨシ拠点のメンバーは家族みたいなものだ」

と言っていただきありがたき幸せです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ReHugでは被災された事業者の方の経営相談を

30分無料(ReHugメンバーが対応)で受付しています!

 

この先不安だけれど相談する相手がみつからない

 

という事業者の方

こちらから相談の申し込みをお待ちしております!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





お問い合わせ