勇者敬三の冒険の書

支援の輪が続々と

2020/07/27

災害から二週間全国からのボランティアを募集できず

熊本県からのボランティアだけでの片付けでなかなか被災地は作業が進みません。

 

 

現地の方々も

弁当も流石に飽きてきた

とせっかく楽しみの食事でさえも楽しくないような状況です!

 

そこで以前からお付き合いがある

熊本県氷川町の

白玉屋新三郎さん

からカレーを支援したいです!

と嬉しいお声をいただきました!

代表の牛嶋さんとの出会いは、勇者けいぞうの氷川町商工会主催のセミナーでした。

最前列で熱心に聞き入ってくれていた姿が印象的で。後日、白玉屋新三郎の工場見学もさせていただき、モノづくりに一生懸命だと感じました。

その翌日は人吉への移動だったので、「人吉まで高速ですぐなので、お送りしますよ」

ととても気さくな方です。そして、今回の豪雨災害があった後も、

「白玉屋のカレールー(冷凍)時点業務用12kgばかりお見舞いに送ろうと思います。炊き出しに便利かな?って。何処に送れば役立てるでしょう?」

とご連絡いただきました。

ありがたいの一言です!

 

これはカレーを送る前に撮ってもらった写真です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

素敵な笑顔で元気を分け与えてもらいました!

 

早速ReHugヒトヨシ拠点も炊き出しをしている企業を探したところ

ありました!!

あさぎりフレッシュフーズ

 

 

 

 

 

 

つぼん汁や鶏ごぼうめし

を無償で被災者の方々へ提供してくださっていました!

商品届いたよー

と素晴らしい写真

社員の方の笑顔がとても素敵です!

 

 

 

 

 

炊出し担当の春永さんが快く引き受けてくださって

7月22日人吉の森ホールでの炊き出しに早速使っていただきました!

 

 

 

 

 

 

 

 

ReHugとしてもこういった支援の繋がりを作ることができてとても光栄です!

 

なんてことのない作業が回り回り回り回って

今、僕の目の前の人の笑い顔を作ってゆく

そんな確かな生き甲斐が日常に彩りを加える

 

ReHugの仲間達も好きなMrchildrenの

「彩り」

という曲の歌詞です!

なんてことのない作業と自分では思っているかもしれないけど

結局は目の前の人の大事な人の笑い顔を作って自分に彩りを加えているのかもしれませんね!

 

白玉屋新三郎さん

あさぎりフレッシュフーズさん

この度は誠にありがとうございました!

 

 

ReHugも何かできないかと考え土砂にまみれてしまった

 

靴の再生クエスト

 

沖縄の革靴お手入れ専門店

代表 中程 秀之さん

のご協力のもと開始しました!

申込みはこちらから

 

冠婚葬祭で履いた思い入れの靴をあきらめて泣く泣く捨てるのではなく

まずは申し込んでみてください!

本革の靴ならどうにか再生できるとのことです!

申込みお待ちしていまーす!

第一便は9足集まったので早速沖縄へ送りましたー

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





お問い合わせ