勇者敬三の冒険の書

【事業再生の現場から】嘘は次の嘘を生む

2016/04/26

「事業再生の現場から」の雰囲気が伝わるようにしていますが

守秘義務をしっかり守るために特定の会社、特定の人物が推定できない表現としています!

「聞きたいことがある!」

「この場合はどうするの?!」

などご質問などがありましたら

気軽にこちらからご連絡ください(^-^)/


 

をついたことありますか?

 

とは

事実を曲げてこしらえたこと。本当でないこと。偽り。

誤り。間違い。

望ましくないこと。すべきでないこと。

 

 

大きい 小さい いろんながありますが

大なり小なり をついたことがない人はいないと思います

 

とはいえ

人付き合いでも 会社としての取引の付き合いでも

明らかに 人を騙す 人に迷惑をかける は

信頼をなくすきっかけになります!

 

ということを 分かっていても

いろんな理由から 小さなをついてしまう

そして その小さなを気づかれないために

次のをつく

 

多くのをつかざるをえなかった結果

多くの「歪み」を作っているのが

事業再生が必要な経営難に陥った会社の共通点

 

粉飾決算をしていない会社は皆無といえます

 

なぜ 粉飾決算をしてしまうのか??

 

続きはまた後で

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





お問い合わせ