勇者敬三の冒険の書

カラオケ大会に向けての練習

2016/04/17

先週 泡盛手作り体験に行った時に

目にとまった一つの広告(詳しくはコチラ

 

12959284_968853933221691_1868678672_o

 

なんと!!

2016年日本カラオケボックス大会全国決勝大会 in 静岡 沖縄県代表選出大会が

忠孝酒造で開催される(゚O゚)!!

 

善は急げ!!!ということで すぐに申し込み

 

今日はヒアカラ(一人朝カラオケ)をすることを

カラオケ大会を申し込んだ2016.4.9の時点で決意していたので

カラオケしに来たが生まれ故郷の「熊本地震」が気になるので

選曲もそのような雰囲気になってしまった

 

CgN7iAqUMAA67uQ.jpg-large

 

まず 東日本大震災の後につくられた歌

 

Smile(BUMP OF CHIKEN)

 

かぞえうた(Mr.Children)

 

 

 

その他には

逆境を乗り越える歌詞だったり

誰かのために何かをする歌詞だったり

楽しいだけではなく悲しいこともあるという歌詞だったり

いろんな唄を歌ってきた(^O^☆♪

 

 

 

 

ガッツだぜ(ウルフルズ)

 

ガッツだぜ パワフル魂

ガッツだぜ すいもあまいも

ガッツだぜ Do the ド根性

男は汗かいて ベソかいて GO!

 

(中略)

 

ガッツだぜ やまとなでしこ

ガッツだぜ 老いも若きも

 

男は汗もかくしベソもかくし

女もおじいちゃんもおばあちゃんも子供達も

困難なことを乗り越えるためには

ガッツ(根性、やる気)が必要

 

とはいえ 現時点で

「熊本地震」で被災された方達にそれを求めるのは厳しすぎると思う

現時点では 「被災地支援のプロ」に頼って欲しい

無理しないで欲しい

 

そして ある程度の時が経ち

いろんなことが回復してきたら

ガッツで がまだせ熊本!


 

 

魔法の料理(BUMP OF CHIKEN)

 

君の願いはちゃんと叶うよ 楽しみにしておくといい

これから出会う宝物は 宝物のままで 古びていく

 

(中略)

 

君の願いはちゃんと叶うよ 怖くても よく見て欲しい

これから失くす宝物が くれたものが今 宝物

 

こうなりたい こうあって欲しい という期待を抱くのは

「楽しい」ことだったり 「怖い」ことだったりする

手に入れた宝物を失うことだったりする

 

「熊本地震」で失ったヒト 失ったモノ 失ったコト

でも 失うだけではなく 出会うヒト 出会うモノ 出会うコト もあるはず

 

自分自身も大事なヒトをなくして気づいた大事なコトもいっぱいある


 

 

ダイヤモンド(BUMP OF CHIKEN)

 

一体どれくらいの間 助けを呼ぶ声を無視してんだ

その背中に貼り付いた 泣き声の主を探すんだ

前ばかり見てるから なかなか気づかないんだ

置いて行かないでくれって泣いて すがる様なSOS

 

「熊本地震」発生からもうすぐ丸3日

様々な"情報"が発信されているものの

錯綜している"情報" 正しくない"情報"の中で

"意思決定"を間違えることはないだろうか?

 

本当に困っている人に その人が求めていることを提供するためには

前ばかり見るのではなく 時には立ち止まって

耳をすませて か細い声 声なき声を

しっかりと聞くことが大事なのかもしれない


 

 

セントエルモの火(BUMP OF CHIKEN)

 

言葉を知ってるのはお互い様な 言葉が足りないのもお互い様な

(中略)

言いたい事は無いよ 聞きたい事も無いよ

ただ 届けたいことならちょっとあるんだ

(中略)

どれくらい先にいるんだろう どれくらい離れてるんだろう

(中略)

今どんな顔してる ちょっとしんどいけど楽しいよ

ほら 全部がお互い様な さあ どんな唄歌う

 

特に日常とは違う状態では

同じ言葉を発しているけど

言葉足りずで間違って伝わったり そもそも伝わらなかったり

言いたいことがなかったり 聞きたいことがなかったり

でも きっと お互い届けたいことがあるはず

 

「被災地支援のボランティアをしたい」という気持ちを持っていても

「被災地支援のプロ」ではないのであれば

「熊本地震」発生から間もない時点では

届けたい気持ちが相手のためにならないことがある

 

被災した人たちがどんな顔 どんな気持ちをしているのかわからない

今の自分がどんなことをすればいいのかもわからない

 

いろいろと考えた結果

昨日は日本赤十字社の「平成28年熊本地震災害義援金」に寄付をした

 

これからもその時点で最適な方法を実行していきたい


 

 

くるみ(Mr.Children)

 

どこかで掛け違えてきて

気が付けば一つ余ったボタン

同じようにして誰かが 持て余したボタンホールに

出会う事で意味が出来たならいい

 

「支援したいと思っている人の気持ち」

「現時点では現場では受け入れ態勢ができていないという事実」

という掛け違いが生じている
「被災地支援のプロ」を通した支援としての寄付は

現時点では

掛け違いを解消するための一つの選択肢

 

それだけではなく

火事場泥棒ならぬ 被災地泥棒がいるらしい

そんな人がいるかもしれないと思う中では

本当に支援をしようとしている人の気持ちも そのまま受け取ることができない

そんな掛け違いも出てくるかもしれない


 

 

また会えるかな(Mr.Children)

 

また会えたなら 次会う時は

君が悩み持ってたりすりゃいいな

守りたくても 君が助けを

必要としないんじゃまるで意味がないから

また会えるよね また会えるよね

社交辞令であっても 真に受けたいな

真に受けたいな

 

故郷の熊本で被災している人たちに

残念だが 現時点で現地でできることは何もない

 

被災地支援の次の段階で

自分が解決できる悩みがあって

助けを必要としてもらえるのであれば

是非とも熊本に飛んでいきたい


 

 

もっと(Mr.Children)

 

暗い目をしてたって

この星のリズムは

君に笑顔を降らすから

きっと きっと きっと

 

自分自身も38年の人生の中で

何度か「暗い目」をしていたことがあるけど

いろんな人 いろんなコトのおかげで

今は 元気に楽しく笑顔ですごしている

 

失ったことによる悲しみはすぐに消えることがないかもしれないし 消えないかもしれない

けど 新しい何かで笑顔になるかもしれない

 

それを必要としてもらえる時が来れば すぐにでも熊本に飛んでいきたい


 

 

とっておきの唄(Mr.Children)

 

不安の募るヨルは忘れないで 君のタメのウタがあるコト

地図にもない場所へ 手をつないでテヲツナイデ

ゆっくりでいいから 君が本当に笑って泣けるような

地図にもない場所へ

(手をつないで)

 

「熊本地震」で被災した方たちは

まだまだ続く余震

水 食料 日用品などの不足

いろんな不安が募っている

 

「被災地支援のプロ」の方々 頑張ってください!!!

 

被災された方々

がまだせ 熊本!!!!

 


カラオケ大会の結果はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





お問い合わせ