勇者敬三の冒険の書

生まれ故郷の熊本で大地震発生

2016/04/14

我が家は娘が生まれてから21時に就寝がいつもの習慣

 

しかし 9時半過ぎに妻の妹(福岡在住)から電話が

 

「熊本で大きい地震があったけど 人吉は大丈夫?」

 

えっっ!!!

 

テレビをつけて確認すると震度7!!

 

頭ではよくないことと思ってはいても

実家の母に電話して確認してみたところ

「久々の大地震で気持ち悪かったばい・・」

「ばってん 今の所 なんてことなかばい」

 

正直なところ 家族の無事が確かめられて ホッとした

 

 

でも 震源地の益城を中心とした熊本県北部では大きな被害

 

近くにいたとしても 大した手伝いができない現実を受け入れて

自衛隊や警察消防など 被災支援のプロの方々にお願いするしかない

 

2011.3.11の東日本大震災の後につくられた

Mr.Childrenの「かぞえうた」の一節

 

僕らは思っていた以上に

脆くて 小さくて 弱い

でも風に揺れる稲穂のように

柔らかく たくましく 強い

そう信じて

 

本当にそうだと思う

 

これからも大きな余震がある中で

被災した人たちの手伝いができない

自分自身の存在が弱いものと思い知らされることがあるけど

自分にできることを

役に立つタイミングでできる日が来ることを信じて

今できることを引き続きやっていく

 

これ以上 大きな地震 大きな被害が出ませんように

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





お問い合わせ